北海道産カウチポテト

北海道産カウチポテト

北海道(主に札幌近郊)を、なるべく低予算で満喫するブログ。

札幌・お米専門店、手造りおむすびのお店こめしん

釧路に本店がある、お米専門店が作るおにぎりを楽しめるお店です。

 

 

 

玄米工房こめしん北郷店

前に通りかかって行ってみたかったお店です。

営業時間は10:00~19:00(おにぎりは18:00オーダーストップ)

日曜も営業しています。

公式ホームページと食べログはこちら。Googleマップは記事の一番下にあります。

www.komeshin.co.jp

 

tabelog.com

f:id:maskedtranslator:20190616225513j:plain

駐車場は8台分あるそうです

お米に目がない私。行かずにはいられない…

土曜日の11時前に行きましたが、店内はお客さんでにぎわっています。

おせんべいなどのお菓子やふりかけ、ドレッシングなど

商品も充実していてプチK●LDIのようでした。

おにぎりの出来上がりを待つ間、店内を見て楽しむことができます。

 

玄米団子のお汁粉(150円)

玄米団子が3つ入ったお汁粉。

店内にはイートインできるテーブルが1つ(席は2人分)だけあり、

そこでいただきました。

f:id:maskedtranslator:20190616230249j:plain

1人分の注文にも関わらず、お箸を2膳つけてくれる気遣い

甘さがしっかりでおいしい。玄米団子は少しつぶつぶしたような食感でした。

お汁粉もお持ち帰りもできるそうです。

そしてお待ちかねのおにぎり。

 

白米・玄米から選べる手作りおにぎり

店内に入ってすぐカウンターがあり、壁にはメニューがかけられています。

メニューは豊富な上、玄米と白米を選ぶことが可能。

公式ホームページによると4割のお客さんが玄米を注文するそうです。

f:id:maskedtranslator:20190616230953j:plain

1時間くらい眺めていられそう…

140円~220円まで、いろんな種類のおにぎりが。

注文してから奥で握ってくださいます。

お団子を焼いているのもチラリと見えました。

写真の下のほうに見えるのはお惣菜で、唐揚げや卵焼きがありました。

おにぎりのおかずに調度いい量。

f:id:maskedtranslator:20190616231141j:plain

白米・玄米ごとのランキングがありがたいです

白米・玄米ともにトップ3の顔ぶれは同じでした。

ホームページのメニューを見て、家にいる時点で

いくらとねぎみそを注文しようと決めていましたが

ノーマークだったザンギマヨに心を揺さぶられることに。

最終的に選んだのは…

 

白米+いくら(220円)と、玄米+ねぎみそ(140円)

f:id:maskedtranslator:20190616231620j:plain

ちなみにシャクレルプラネットは200円

いくらは白米、ねぎみそは玄米を選びテイクアウト。

やっぱりいくらには白米かな~と思ったのと

玄米も食べて見たいと思い、ねぎみそのほうは玄米に。

ねぎみそには唐辛子が入っていて少しだけ辛め。

玄米にピッタリでした。

いくらの味つけも好みでおいしくいただきました。

 

 

玄米だんご(各90円)

玄米100パーセントで作っているお団子です。

こちらも注文しました。

f:id:maskedtranslator:20190616232537j:plain

左から黒ごまきなこ、焦がし醤油、みたらし、こしあん

つぶあんもメニューにありました。

私が選んだのは、みたらしとこしあんの2種類です。

交換して味見をしたので黒ごまきなこと焦がし醤油も食べることができました。

黒ごまきなこは一番甘みがしっかりしていて

焦がし醤油はほんのりお醤油の味、

みたらしとこしあんは甘さ控えめというのが個人的な感想です。

お汁粉よりも玄米の味や

つぶつぶとした食感がしっかりとしているので

好みは多少分かれるかもしれませんが、私は好きでした!

 

コストまとめ

いくらのおにぎり  220円

ねぎみそのおにぎり 140円

お汁粉       150円

おだんご2本    180円

 

合計        690円*1

 

おにぎりもおいしいですが、

細かな気配りもうれしくぜひまた行きたいと思います。

ごちそうさまでした!

 

 

*1:値段や情報は2019年6月のものなので、あしからずm(_ _)m

江別・野幌森林公園でバードウォッチングと、高コスパのSoraのパン

まず始めに、どの写真もピントのズレなどがひどいです(自首)

週末は仕事が詰まっていたため、

午前中で完結できる場所を選んで出かけてきました!

 

野幌森林公園

札幌市、江別市、北広島市にまたがる野幌丘陵にある公園です。

駐車料金は無料。

 

www.pref.hokkaido.lg.jp

記念塔口に車を止める方が多いかと思いますが、

今回は歩きたいコースに近い大沢口に駐車。江別市にあります。

ちなみに野幌森林公園のある野幌原始林では

ずいぶん前からヒグマが目撃されておらず、

ヒグマはいないと見られているそうです。*1

※6月11日追記

なんと今日、森林公園駅の駐車場の1つでクマが目撃されたそうです。

江別市でクマが目撃されたのは20年ぶりとのこと。

というわけで、しばらく行かないほうがよいかと…!

 

 

 

フクロウを探し求めてウォーキング

今回の目的はウォーキングと

鳥には詳しくないものの、バードウォッチングをしつつ

あわよくばフクロウに会いたいと思っていました。

野幌森林公園ではエゾフクロウを見ることができるそうです。

f:id:maskedtranslator:20190610112109j:plain

しょっぱなからブレております

私は大沢口からエゾユスリハコースに入りました。

野幌森林公園には入り口もコースもたくさんあります。

途中で分岐があり、大沢コースのほうへ。

 

f:id:maskedtranslator:20190610112533j:plain

2018年の台風の影響か、倒木が多いエリアも

 

収穫がない中、キビタキと天使と出会う

泣き声はたくさん聞こえるのに、鳥が!見つからない!

葉っぱが茂っていて、全く見つかりません。

この時点で見たのはコース入口そばにいたスズメと

通路そばにいたカラス1羽ずつ。

しかし、しばらく歩いてきれいな鳥を発見。

何の鳥か分からずに見ていたところ、

そばにいた方がすごく親切で、キビタキだと教えてくださいました。

その方に公園内でフクロウを見たことがあるか聞いてみると

「今いますよ!このまま歩いていけば人が集まっています」との返答。

 

念願のフクロウを発見

そのまま歩いていくと、

カメラにバズーカのような望遠レンズを装着した人たちを発見。

写真を撮っていた方たちが、フクロウがいる場所を教えてくれ

見つけられずにいるとレンズを覗かせてくださいました。

私たちのカメラでは下の写真が精いっぱい。

f:id:maskedtranslator:20190610115009j:plain

まだ子供のようで、羽がふわふわ

 

 顔を見ることはできなかったのですが、

いつか野生のフクロウを見てみたいと思っていたので

本当に嬉しかったです。また見に行きたい…!

私たちが見ている間、大きく移動することはありませんでした。

親鳥は確認できず。

枝に隠れたのでその場所を後にし、

全部で8キロほど歩いてウォーキングは終了。

 

フクロウまとめ

野幌森林公園で、本当にフクロウに会うことができました。

バードウォッチングの知識を一切持たずに行って思ったことは

・自力で探すのはほぼ不可能

・バズーカ並みのカメラを持つ人たちがいれば、そこにフクロウがいる

です。

園内で会った人たちが優しくて、自然以上に癒やされました。

 

パン屋 Sora

江別市大麻にあるパンのお店です。

営業時間は平日が8:00~17:00、土日祝が8:00〜16:00。

パンがなくなると終了とのこと。

店内は割とこじんまりとしていますが、

ひっきりなしにお客さんが入ってきていました。

tabelog.com

 

手頃な価格のパンを3つ購入

今回購入したのは3点です。

f:id:maskedtranslator:20190610120456j:plain

クリームチーズ(130円)

こちらはすぐに車内でいただきました。

クリームチーズがゴロッと入っています。

f:id:maskedtranslator:20190610120538j:plain

メロンパン(100円)と照り焼きフォカッチャ(200円)

残り2つは帰宅後に頂きました。

メロンパンはクッキー生地が軽め。 

他にも魅力的なパンがたくさんあったので、また行きたいです。

 

コストまとめ

メロンパン      100円

クリームチーズ    130円

照り焼きフォカッチャ 200円

駐車代金        0円

 

合計         430円 *2

 

公園はお金がかからずリフレッシュができるので最高ですね^^

充実した休日(半日)でした!

 

 

 

 

*1:江別市情報図書館「情報図書館だより2018年7月」より

*2:値段や情報は2019年6月のものなので、あしからずm(_ _)m

伊達・ミシュラン1つ星、翁の蕎麦と洞爺湖の絶景スポット

伊達にある人気の蕎麦店「翁」と、

洞爺で人気のジェラート店「レークヒル・ファーム」についてです。

 

 

伊達 翁

ミシュランで一つ星を獲得した人気店。

営業時間は下記です。

11:30〜16:00

17:30~20:00(L.O.19:30) ※夜は不定休のため事前に要確認

月曜日が定休日とのこと。予約は受け付けていないようです。

tabelog.com

 

鴨せいろそば(1400円)

お蕎麦は皮むきから、粉にするまで完全自家製粉とのこと。

蕎麦職人の高橋邦弘からのれん分けを許されたお店だそうです。

何度も来たことがありますが、今回は鴨せいろを注文しました。

f:id:maskedtranslator:20190603170703j:plain

奥にちらりと見えるのは、蕎麦セット1620円。

たっぷりの鴨肉に、肉団子も入っていました。麺は細め。

店内も清潔感があり落ち着いて食べることができます。

ちなみに奥に見える蕎麦セットは、

・もりそば

・手作り豆腐

・こんにゃくの刺身

・焼き味噌

・おしるこ

がついてきて盛だくさんなセットですが、少食な母もペロリと間食。

店内にいるお客さんは「こんにゃくのお刺身がおいしい!」と

店員さんに話しかけていました。

翁を後にして、デザートのジェラート店を目指します。

お店からは30~40分程度で到着します。

 

レークヒル・ファーム

洞爺湖町にある自家製ジェラートが食べられる人気店で、

駐車場は広いもののいつも多くの車でにぎわっています。

営業時間は[冬期] 9:00~17:00 [夏期] 9:00~19:00。

年中無休とのこと。

tabelog.com

f:id:maskedtranslator:20190603171920j:plain

230号線沿いにあり、目立つのですぐに分かります

ジェラートシングル(300円)

ダブルだと380円です。

この時はちょうど体重が気になっていたので、泣く泣くシングルで我慢。

お会計を先に済ませ、番号札で呼ばれます。

私はミルフィーユを選びました!

f:id:maskedtranslator:20190603172813j:plain

にぎわってはいるものの、平日なのでゆったりと食べられました

入ったことはありませんが隣にはカフェもあります。

敷地が広く、羊蹄山も一望できるので

小さい子供が楽しそうに走り回っていました。

私が走り回るとヤバイ人になってしまうので、ジェラートを頂いて終了。

 

ザ・ウィンザーホテル洞爺から絶景を眺める(超オススメ!)

レークヒル・ファームからわずか10分ほどの場所にあります。

高級ホテルというイメージですが、ここから見る景色が絶景です。

坂を上ると左側に駐車場が出てくるので駐車。

歩いて館内に入り、高級な雰囲気に委縮しつつロビーを横切り

ショッピングモールの奥に行くと外に出られます。

外からは羊蹄山、洞爺湖、噴火湾が一望できます。

f:id:maskedtranslator:20190603174328j:plain

羊蹄山と、ふもとに広がる畑がきれいです

 

f:id:maskedtranslator:20190603174435j:plain

洞爺湖全体を見渡すことができるのも嬉しい^^

 

f:id:maskedtranslator:20190603174807j:plain

奥に見えるのは噴火湾

 

f:id:maskedtranslator:20190603174900j:plain

キツネも発見。もこもこなので、まだ冬毛?

ちなみにホテル内で売っているパンがおいしいです…!

まとめ買いしている人もいました。

 

浮見堂公園

そしてもう1つ、人が少なめのおすすめスポット。

洞爺湖温泉街からは離れますが浮見堂公園もきれいです。

駐車場は50台分ほどあります。

 

洞爺湖温泉から車で行くと、

湖沿いで見通しの悪い道を通るので注意を…。

230号線からだと広い道で行けます。

f:id:maskedtranslator:20190603175632j:plain

浮見堂までは足場が少し悪いので、こちらも注意

 

何度か行ったことがありますが、いつも白鳥が何羽かいます。

洞爺湖は火口散策路も好きなのですが

今回は時間の都合で行けずでした。またいつか。

 

コストまとめ

鴨せいろ  1,400円

ジェラート    300円

 

合計    1,700円 *1

 

札幌からだとガソリン代が結構かかりますが、満足度は高かったです!

 

 

*1:値段や情報は2019年5月のものなので、あしからずm(_ _)m